プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/lastswab/

  1. 全米クラウドファンディングで合計約1億2千円の支援金額達成 綿棒に代わる商品
  2. デザイナーとしてより長く使える物を作りたい。再利用可能という機能
  3. ケース付きのマイ綿棒だから、外出時や旅行に持ち運びができます

綿棒に代わる商品、LastSwabとは?

LastSwab(ラストスワブ)は、全米クラウドファンディングサービスである、kickstarter、indiegogoで合計約3万人の支援者が、約9万本のLastSwab(約1億2千万円)を支援しています。また、環境に優しく耐久性のある素材で作られた、再利用可能な綿棒です。
※綿の代わりにTPEというゴムに似た素材を使用しており、液体は吸収しません

LastSwab(ラストスワブ)は、洗うことで明日も明後日も、毎日使えます!!この再利用可能という機能により、すでに、海外で約3万人の方がLastSwabを支援をしています。

あなたが購入した最後の綿棒がLastSwabになるよう願いを込め、商品名をLast(最後の)Swab(綿棒)にしております。

1.LastSwabの利用シーン、使い方

LastSwabは、ベーシックバージョンとビューティーバージョンの2種類あります。

basicバージョン

ベーシックバージョンは、小さなコブがついているので、細かいものもとることができ、耳掃除はもちろん、細かいところのほこりを取るなどの掃除にも役に立ちます。

耳掃除

おへそ掃除

犬の耳掃除

部屋の隅っこなど、細かいところの掃除

LastSwabでとれたほこり(巻きつくようにとりました)

キーボードなどの細かいところの掃除

beautyバージョン

ビューティーバージョンは、画像のように、先端の形が異なるモデルになります。メイクアップ専用の商品になります。

メイクアップ

LastSwabは、使う、洗う、保管するの簡単3ステップ

2.ケース付きのマイ綿棒。旅行のお供に

LastSwabには持ち運びできる専用ケースが付属しています。一般的な綿棒は100本セットなどケースが大きく、持ち運びが大変だと思います。LastSwabをマイ綿棒として、旅行や外出時に、いつでも持ち運びができます。

3.アメリカの実績

LastSwabは、約3万人の支援者が、約9万本のLastSwabを支援し、合計約1億2千万円の支援金額を達成しているプロジェクトになりました。
もし、9万本のLastSwabを使う方が、1年で平均300本の綿棒を使っていたとしたら、年間2700万本の綿棒を削減したことになります。

4.こだわりの素材とデザイン

LastSwabはデザイナーが開発に携わっているため、素材とデザインにこだわり、現在の商品を作るまでに、何十ものプロトタイプを作りました。

本体:47個
ケース:59個
本体とケースの組み合わせ:7回

2種類のLastSwabは、繊細な体の部分にも使えるよう、柔らかい感触の素材(TPE:ゴム系弾性体)を使っています。
液体は吸収しません

素材ごとのテストをすることで、品質もしっかり確認しています。

ケースはスライド式で、開け閉めができ、簡単に、取り出し、保管ができます。

5.素材とサイズ

LastSwabは、両端に柔らかいゴム系弾性体が付いた、硬くてコンパクトなナイロン製の軸で構成されています。あなたは、ベーシックバージョンの小さなコブで、柔らかな感触を実感するでしょう。

先端 :TPEタイプ:30A、環境に優しい材料。
※TPE(Thermoplastic elastomer)は、日本語で熱可塑性樹脂ゴム弾性体といいます。環境に配慮したリサイクルしやすい材料を検討する上で、加硫ゴムからの代替として注目されています。

軸:ナイロンタイプ:SY-125826、環境に優しい材料。

ケース:PLAタイプ:2003D、完全に生物分解性のある、環境に優しい材料。
※PLA(polylactic acid)は、日本語でポリ乳酸といいます。生分解性ポリエステルのひとつで、農産物由来の持続可能な素材として注目されています。

6.全15種類のラインナップ

7.メーカー紹介

LastSwab社は、デンマークに拠点を置くスタートアップ企業で、7年間クラウドファンディングとスタートアップを行っています。